ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、男性性機能障害の一つです。「勃起機能の低下」を意味する英語「Erectile Dysfunction」の略です。専門的には、「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。つまり、勃起に時間がかかるのこと、硬さが不十分、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない・・・と感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。

日本ED現状

現在、EDは日本人男性1,130万人が4~5人に1人はいると言われている身近な疾患です。40歳以上からEDの割合は増え、60歳以上の半数はEDと言われております。

勃起せずに性交不可能な 完全ED・・・260万人

たまに勃起する、性交中勃起は維持できる 中等度ED・・・870万人

日本ED現状

EDセルフチェック

EDは、「まったく勃起しない」状態だけを指すのではありません。IIEF(国際勃起機能スコア)と言われる質問票が一般的に使われています。勃起を維持する能力や満足度などを総合的に判定することで、簡単にEDの可能性を探ることができるものです。ぜひ、IIEF(国際勃起機能スコア)に基づく質問票からあなたのED度をチェックしてみましょう。

EDセルフチェック

ED(勃起不全)治療について

一口にED治療とはいっても、その治療法は様々が存在しております。例えば、手術や器具の活用、心理療法、ホルモン療法、ED治療薬など。ED治療を行う場合には、これらの治療法の中から患者に合ったものを選ぶことになります。どの治療法で治療を行うかは、医師による問診によって決定します。ここでEDウェーブ血流改善治療とED治療薬二つの治療法を紹介します。

EDウェーブ血流改善治療

ED(勃起不全)治療における治療方法は、主にED治療薬を処方し勃起機能を回復させていました。しかし、持病や常備薬などのために、ED治療薬を処方できない人がいます。「EDウェーブ血流改善治療」は、そんな患者様にも治療を行える画期的な、ED最新治療法です。衝撃波という方法を用いて患部の血流を改善させ勃起機能を回復させます。

ED治療薬

近年ではED治療薬を用いて治療される方が増えています。多くの方がED治療薬を服用することで自信を取り戻しています。ED治療薬人気の理由はいろいろがあります。例えば、価格帯が安い、効果は非常に高い、症状にあわせて自分で選べるなど。効果の持続時間も3時間から、最長だと36時間効果が持続するお薬もございます。日本で認可されている薬の主成分は、シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)、バルデナフィル塩酸塩(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3種類です。いずれも有効性は高く、重篤な副作用もないことが分かっています。