早漏に関するQ&A

ed疑問早漏症(PE)とは?

早漏は、英語で「Premature Ejaculatoin」の略です。日本では早漏症と呼ばれています。早漏とは射精に至るまでの時間が短いことを指します。早漏症について日本における正確な有病率を報告した疫学調査はありませんが、100万~500万人いると考えられ、多くの男性が悩んでいると言われています。なお、早漏(PE)男性の約30%が勃起不全(ED)との併発が認められており、完全勃起の前に早期射精を起こすことがあります。これは、勃起不全(ED)男性の3人に1人が早漏(PE)ということになります。

早漏の原因

早漏の原因は、明らかない複雑です。以前は陰茎の皮膚過敏などの肉体的な要因という考えが主流でしたが、現在ではストレスや不安などの精神的な要因によって引き起こされていると考えられています。早漏はストレスや不安などで起こりやすく、何度も繰り返して慢性化して、治りにくくなってしまいます。肉体的な要因と精神的な要因が、お互いに影響を及ぼし、発症すると考えられています。ED勃起不全が早漏の原因に上げられる場合もいます。

早漏克服方法は何がありますか?

早漏とストレス早漏克服方法はいろいろがあります。ここでいくつか挙げられます。一番目は精神調節です。早漏の原因は精神的な要因が大部分を占めます。例えば、性生活の際での心理緊張、仕事のストレスなど。従って、早漏克服をしようとすれば、先ず穏やかな気分を持ち、消極的な心理気分を消し、楽観な態度を保持します。二番目:日常生活で運動します。個人による具体な運動項目を選びます。強度が強過ぎてはいけなく、弱過ぎてもいけないです。例えば、ジョギング、水泳、山登り、などでよい。三番目は早漏治療薬を使用します。例えば、スーパータダライズ、スーパーカマグラなど。いずれも大変人気の商品です。早漏に悩まされている方をおすすめです。

なぜ包茎だと早漏になりやすいのか?

包茎というのは、普段は亀頭が完全に露出せずに、包皮で覆われている状態だからです。そのために、「過保護状態」になってしまうのです。亀頭が外部刺激に対して弱いです。通常では、亀頭が露出していますので、パンツの生地などで常に刺激を与えながら生活をしているのですが、包茎の方は、そのような刺激を与えることができないです。そのため、少しの刺激でも性的な興奮を感じてしまい、射精しやすい傾向にあります。こういった理由から、包茎は早漏をもたらすと考えられています。

早漏は女性がどう思うか?

やはりあまりにも早く終わってしまうと不満になる女性はたくさんいます。早いの対義語は遅いです。早漏と比較した場合に遅漏の方が嫌だと感じる女性も多いです。女性にアンケートによると、早漏がイヤ:約36%、遅漏がイヤ:約22%、どちらもイヤ:約24%、いずれも気にしない:約18%という結果があります。早漏がイヤとどちらもイヤを合わせると6割の女性が早漏は嫌だと思っているようです。