早漏の4つのタイプ紹介

自分の早漏のタイプを悩む男性早漏は多くの人は悩みをもたらします。数多くの国からの調査では、18~65歳までの成人男性のうち30%以上が早漏の症状を自覚しているという結果が出ています。特に、日本では早漏の割合は大きいと見られており、半数ほどが悩みを抱えていると考えられています。

早漏とEDは、密接な関係を持っていることが判明しています。特に、EDになってしまった結果「早漏」を発症するパターンが多いことがわかっています。EDに悩まされる人のうち、およそ30%の人は早漏にも悩まされていると言われています。早漏を予防するためにも、ご自分の早漏のタイプを知ることが解決の第一歩になるはずです。早漏のタイプは人によってそれぞれに違います。本文は早漏のタイプについてをご紹介させていただきます。

過敏性早漏

過敏性早漏は文字通り、陰茎の感覚を受ける部分である皮膚、粘膜などの感覚神経が敏感なために起こる症状です。亀頭部分の皮膚は他の部分よりも薄くなっており、皮下には感覚受容器が発達しています。性行為の経験が少ない若者やスポーツマンなど多いと言われています。加齢による勃起力低下が原因になることもあります。

包茎性早漏

包茎性早漏は仮性包茎の方に多いと言われています。普段は亀頭が覆われている状態です。過保護になってしまいます。刺激に慣れておらず、行為の時に亀頭が現れになることで刺激に耐えられず早漏になってしまうのです。過敏性早漏と少し似たような感じです。

衰弱性早漏

衰弱性早漏に悩む中年以降の男衰弱性早漏は、筋肉が緩んでいたり弱くなったり、上手に射精のコントロールできず早くなるタイプです。これは、年を重ねると射精を我慢する筋力が衰えてしまうため引き起こされる早漏の状態で、絶頂感を感じる前に射精してしまうこともあります。40、50代くらいの中年以降の男性に多く見られる状態と言われています。また、学者など頭脳を使う種類の仕事をする人も、衰弱性早漏になりやすいと考えられています。

心因性早漏

心因性早漏とは、性的な場面やセックスに関する想像をするだけで、外的刺激が無くても、ペニスが勃起してしまう状態のことを言います。この状態でペニスに刺激を与えずに放っておくと、たいていの場合は性的興奮はそのまま収まっていきます。