早漏治療手術をよく知るのか?

早漏に悩んでいる日本人は多いと思います。早漏になる原因はさまざまです。今、日本で早漏を治す方法は色々があります。主な2種類が存在します。1つ目は薬によるものです。もう1つ目は手術によるものです。しかし、どれも個人差があるため万人に効果があるとは言えないのが実情です。

人びとは手術と聞くと、どうしても痛いイメージがあります。現代医療の早漏治療は非常に進んでいます。今回はそんな早漏治療手術などについてお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。早漏治療手術は、早漏注射、包茎手術、陰茎背部神経遮断術三つの種類を分けられます。以下の通り次々に紹介します。

早漏注射

早漏治療手術の一つは早漏注射この方法は、ペニスの中で一番敏感な亀頭部分に異物を注入する方法です。神経と皮膚の間に注入することで、ジェル状の薬剤が緩衝材となり、外部から受ける刺激に鈍感になるという狙いがあります。注入する薬剤には大きく2種類のタイプがあります。注入後しばらくしたら体内に吸収されるタイプです。半年で体内に吸収されるので、半年ごとに注射をしなくてはいけません。体内に吸収されずに永久に残り続けるタイプです。

包茎手術

包茎とは、余分な包皮が亀頭に被っている状態をいいます。包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「嵌頓包茎」の3つの種類があります。包茎の治療は早漏の改善だけでなく、亀頭を清潔に保ち、病気の予防、またパートナーの病気の予防にも効果があります。包茎手術は、亀頭に被っている長さの余っている皮をメスで切除するだけの手術です。手術時間はおよそ30分程度で、入院の必要もなく日帰りの手術となります。

 陰茎背部神経遮断手術

早漏治療手術-陰茎背部神経遮断手術陰茎背部神経遮断手術は陰茎のシャフトおよび亀頭部分の感覚を司っている陰茎背神経の一部を手術で遮断します。亀頭の神経を切ってしまうことで過剰なまでに敏感だった亀頭の刺激を鈍らせる効果があります。ただし、この手術は日本国内では安全性が認められていません。アジアでは主に韓国でこの手術を受けることができます。

早漏治療手術は早漏重度患者最後にする方法です。早漏治療手術は失敗するリスクと費用が高いです。要するに、早漏を治療するために、早漏治療薬を使用したほうがいいです。